上水道施設をパネルログで

 

2021.9.30(木)

水道産業新聞に、福島県南会津町の上水道施設の建て替えにおいて、パネルログ構法を採用頂きました。


我々が普段から使っている水道水の維持管理において、水源確保という意味では、森・樹木と密接な関りを持っていながらも、全国の水道施設はRC造(鉄筋コンクリート造)が主流でした。


この度、機会を頂きまして、

地域の木材を活用して、地域の技術(一般的な工務店の技術)で施工しました。


これからの持続可能な社会を見渡せば、

健全な森林管理と寄り添うような建築の構法として、パネルログは頑張っていきたいと思います。