パネルログを用いた木造仮設住宅の移設

 

熊本県山都町様から、木造仮設住宅の移設プロジェクトの相談がありました。

既存の木造仮設住宅をユニットに再分割して、クレーンで吊って、再利用率を高めて移設する計画内容となっています。


今回は、そのプロジェクトの前段の様子を見学しました。

再利用率をいかに高くするかが課題となっています。


細分化したユニットを、パネルログで床・壁・天井を強化し、そのまま、防水層、仕上げ材として使える案を提案しています。