フレキシブルに楽しめる舞台のようなリビングのある家

【福島県南会津町】【BOXタイプ】
 東方向に丘を控えた東西に細長い敷地に建つ、間口6メートル、奥行き18メートルの住まい。
水回りや寝室などの使われ方に対応した諸室を回遊動線を確保しながら建物を二分するように配置した。その結果、家族や来客のための多様な使われ方を想定した、大きな気積をもつ一室空間としてのリビングが南面して現れた。
 内壁は杉のパネルログ仕上げとし、フローリングには南会津の広葉樹材、また、カウンター等の造作材などに、地場の木を多用している。一室空間を支える大垂木には、設計に合わせて山から切り出した長さ6Mの杉材(120×240)を使用し、南に2メートルの軒下空間を計画した。
 パネルログとサッシを交互に組み合わせたリズミカルな外皮は、季節のうつろいを様々なグラデーションでリビング空間に呼び込む。床下にはAC空調を設え、パッシブに空気が対流するエコロジーな循環地産型の住宅である。(はりゅウッドスタジオ)

  • 竣工日

    2021年5月

  • 場所

    福島県南会津町

  • 施工内容

    内壁:杉パネルログ・石膏ボード+ビニールクロス貼り等併用 外壁:金属サイディング横貼り

  • 構造

    木造2階建、パネルログ構法 ・在来軸組構法 併用

  • 施工者

    (株)丸惣建設

  • 面積

    建築面積:111.79㎡ 延床面積:142.53㎡

  • 家族構成

    3人家族

  • 設計士

    (株)はりゅうウッドスタジオ

前の施工事例

公共施設

木のかたまりの上水道施設

おすすめの施工事例